航空券と座席クラスの関係

ハネムーン早わかりガイド〜ビーチリゾート編 | ハネムーン持ち物リスト
必須アイテムから畿内持ち込み禁止のものまで解説しています

航空機の利用は、一時代前に比べれば、非常に顧客が増加したと言えます。
アメリカのように、航空機通勤などは、まだまだでしょうが、付くなくとも、会社であれば、出張手段の一つになっているでしょうし、個人にとっては、旅行選択肢の一つにもなっています。
国土が狭いとは言え、日本の上空には、航空機が毎日飛び交い、それだけ航空機が、以前にもまして、より身近なものとなっていることでしょう。
けれども、乗り物、特に公共の乗り物には、座席クラスというものがあります。
現代では、鉄道のグリーン車などが、それに該当し、航空機にも、座席クラスがあります。
特に、国際線は、座席クラスによって、自分の座るスペースが変わり、一時、エコノミークラス特有のエコノミー症候群が話題になりました。
座席スペースが狭いために、体調不良を起こすという病気で、ひどい場合には、死亡事故となってしまいます。
航空機側も、事態を深刻に受け止め、座りながらの軽運動の勧め、あるいは、スペース自体の改良に取り組み、現在のエコノミークラスは、以前よりも変化している、と見なすこともできます。
また、座席クラスも、以前のように、ファースト・クラス、ビジネス・クラス、そして、エコノミー・クラスの区別をせず、ビジネスとエコノミーの二つに、その中間とも言える、プレミア・エコノミーなどを設け、より安く海外へ行けるようにし、なおかつ、航空券を安価に設定することで、多くの顧客獲得を狙っています。
航空業界もまた、改革時代を迎えていると言えるでしょう。

ここでは、そんな航空業界の航空券と座席にクラスに焦点を合わせて、お話しています。
座席クラスが設定されている理由、あるいは、それぞれの座席クラスと航空券の関係、さらに、これからのことについて、展望などを述べています。
このサイトでの記述が、皆さんのお役に立つようでしたら、作成者として、非常にうれしい限りです。

旅行アドバイスlabo | 季節ごとにオススメの旅行をご提案
それぞれの交通手段に合った旅行を解説しています